Excel関数 HLOOKUP関数【範囲を横方向に検索する】



The following two tabs change content below.

taka

あることがキッカケでVBAを独学で勉強しました、今ではブログを通してVBAでできることを解説しつつ、VBAや他の言語の勉強、ブログ運営の勉強をしています(^^♪

どうも、takaです(^^♪

すっっっっごく久しぶりのExcel関係の更新になってしまいました(;^ω^)

さて、皆さんは【HLOOKUUP関数】ってご存知ですか?

「え?【HLOOKUUP関数】?【VLOOKUP関数】じゃなくて?」と思った方も多いのではないですか?

確かにVLOOKUP関数と比べるとなぜか認知率が低いのですが、HLOOKUP関数も本当はVLOOKUP関数に負けないくらいいい関数なんですよ(^^♪

初心者とか中級者は関係なく、覚えておくとExcel使用の幅広がりますので是非覚えておきましょう!(^^)!

HLOOKUUP関数とは?

HLOOKUUP関数は、指定した範囲内から検索値を元に取り出したい値を取り出すことが出来る関数です(^^)

【範囲】の先頭行を横方向に検索して【検索値】に一致する値または【検索値】未満で最大の値を探します、また見つかったセルと同じ列で指定した【行番号】をもとにセルの値を取り出します(^^)/

HLOOKUUP関数の書式

HLOOKUUP関数の書式は以下の通りです。

 引数説明
検索値(画像内の青枠)検索の対象となる値です、この値は「範囲」で指定したセル範囲の一番上の行にある必要があります。
範囲(画像内の赤枠)HLOOKUP が「検索値」と戻り値を検索するセル範囲です。

「範囲」の先頭行には必ず「検索値」が必要です。なので「範囲」には「検索値」と「戻り値」が必要です。

行番号(画像内表右の赤字)戻り値を含む行の番号、「範囲」の先頭行 が1 になります
検索方法検索方法ではTRUE・FALSEを指定します。

  • TRUE を指定すると、先頭行は数字または英字を基準に並べ替えられているものとみなされ、検索値に最も近い値が検索されます。この引数を省略した場合は、TRUE が指定されたものとみなされます。
  • FALSE を指定すると、先頭行から検索値と完全に一致する値が検索されます。

HLOOKUUP関数の使い方

HLOOKUP関数は

  1. 検索値を元に範囲内を検索
  2. 検索値を見つけたら指定した行番号の値を取得
  3. 関数の記述されているセルに取得した値(戻り値)を表示する

という流れを行います、言葉にすると難しいかもしれませんが、やっていることはVLOOKUP関数と何ら変わりません(;´∀`)

下の画像の「セルI3」の【田中】をもとに解説していきます。

=HLOOKUP(H3,$B$2:$F$5,2)

  1. 検索値(1)を元に範囲(B2:F5)を検索
  2. 検索値を見つけたら、指定した列番号(2)の値を取得
  3. 関数の記述されているセル(I3)に取得した戻り値(田中)を表示する

という処理をHLOOKUP関数が自動で処理してくれているんです、あまり知っている人が少ないですが本当はすごい便利な関数です(笑)

さて、いくら書式やを説明しても実際に使用してみないと、しっかりと理解が出来ないのではないでしょうか(;^ω^)

なので実際に使用してみましょう(^^♪

上記にも表示されていますが、この表をダウンロードできるようにしてありますので、是非ダウンロードして色々試してみてくださいね(^^♪

ダウンロード

当サイトの免責事項をお読みになってからお使いください。

ファイルやコードの利用、WEBサイトの利用について

サンプルコードなどは当サイトの免責事項をよくお読みになってからお使いください。

Twitterフォロー

 

Twitterもやってます(^^♪Excelについてはあまり触れませんがブログの更新のお知らせはツイートしています(^^♪

Twitterフォロー

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です