VBA 【Hex関数】10進数を16進数に変換する



The following two tabs change content below.

taka

あることがキッカケでVBAを独学で勉強しました、今ではブログを通してVBAでできることを解説しつつ、VBAや他の言語の勉強、ブログ運営の勉強をしています(^^♪

どうも、takaです(^^♪

さて、プログラムを学んでいくうちにいづれぶつかる問題、それは2進数や8進数・16進数といった進数法の数え方です。

正直私は数学が苦手なので結構悩んでしまいます。ですが、今回は今回は10進数を16進数に変換する 「Hex関数」を使えば簡単に変換することが可能なのでご紹介します(^^)

VBAのHex関数とは?

先ほどもお話ししましたが、Hex関数は私たちが普段使用している10進数の数値を16進数に変換してくれる関数です。

16進数については下記にてご紹介します(^^)

そもそも16進数とは?

そもそも16進数とは何か?ざっくりとご紹介していきます。

普段 私たちの生活で使用しているのは0.1.2.3.4.と数えていき8.9まで数え桁が上がりますよね?このことを【10進数】といいます。

ですが今回紹介する【16進数】は9までは10進数と同じですが、10の代わりにAとなりそのままB.C.D.E.Fの【16種】で桁が上がります。この数え方のことを【16進数】といいます。

下記の表は10進数と16進数を比べた表です。

 10進数 01234567891011121314151617
 16進数 0123456789ABCDEF1011

カラーコードなどで16進数を使われることも多いですね(^^♪

16進数のカラーコードを使用した例はこちらがお勧めです【VBAでRGBと16進数カラーコード変換ツール

Hex関数の書式

Hex関数の書式は以下の通りです。

Hex関数の使用例

Hex関数は指定した値を16進数に変換した文字列を返します。

 

ファイルやコードの利用、WEBサイトの利用について

サンプルコードなどは当サイトの免責事項をよくお読みになってからお使いください。

Sponsored Link

 

特別企画!IT企業の実情をIT企業の社長に聞いてみた!

独学者が多いVBAプログラマー「せっかくプログラム言語を覚えたし、IT企業に転職しようかな?でも、IT企業って良いイメージ聞かないし実際はどうなんだ?」という疑問にIT企業の社長に直に聞いてみました!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です