難病 網色素変性症の治療や栄養



The following two tabs change content below.

taka

あることがキッカケでVBAを独学で勉強しました、今ではブログを通してVBAでできることを解説しつつ、VBAや他の言語の勉強、ブログ運営の勉強をしています(^^♪

どうもtakaです!(^^)!
昨日にひき続き網膜色素変性症について取り上げさせていただきます!
本当に残念な事ですが、今の所確立された治療法はありません( ;∀;) 病院で処方されるものはおそらく効果があると考えられているものしかないのです。

よく処方される薬

網膜色素変性症と診断されてよく処方されるものをご紹介していきます!

暗順応改善薬

この薬は網膜色素変性症で進行した夜盲の改善を期待した薬です。おそらく診断された殆どの方が処方されているのではないでしょうか?赤玉の10倍くらいあるような赤い錠剤の「メチコバール」という薬です(;^ω^)
ネットではこの薬を飲んでいる方と飲んでいない方の進行に差があるような口コミを見かけましたので多少の効果はあるかもしれません。

ビタミンA類

網膜色素変性症と診断されるとビタミンA類の薬が出されることがあるそうです。 おそらくビタミンAの抗酸化作用を期待しての処方だと思いますが実際の効果のほどは不明です(;^ω^)

レスキュラ点眼薬

この薬が個人的には一押し!一番効果を期待できる薬です(^^♪
別名:イソプロピルウノプロストン 元々は緑内障の薬でこの薬の成分には眼圧を低下させる効果と神経保護の作用などがあります。 この薬の網膜色素変性症への効果については千葉大学でも研究されており、実際に数例ですが効果があったとの報告が上がっております。
http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/igakukai/85-5-249.pdf
出典:千葉大学網膜色素変性に対する治療戦略とその糸口
この効果を期待してレスキュラの濃度を上げた新薬の治験も行われており、第3臨床試験が終了しております、この薬の認可が下りるかは不明ですが効果があったような報告がされております。 http://www.qlifepro.com/news/20150312/phase-3-test-results-of-unoprostone-for-retinitis-pigmentosa.html
出典:株式会社QLife 医療ニュース

効果があるかもしれない栄養素

ではここからは民間療法!サプリなどで補える栄養素についてご紹介していきます(^^)/

ルテイン

目のサプリとして有名なルテイン!ルテインは光の刺激から目を守る効果があるという事で多少なりとも効果があると考えられます(^^♪
よくブルーベリーやビルベリーのアントシアニンと一緒にサプリとして販売されております、気休めかもしれませんがツレも愛用しております(-ω-)/

DHAです、DHAといえば頭にいいイメージだと思いますがじつは網膜にも良いそうです(^^♪
近頃ハーバード大学の論文でアントシアニン・オメガ3(DHA・EPAなど)などを同時に摂取すると網膜色素変性症の進行が遅くなったという報告があったという情報も耳にしました(^_-)-☆
もともと網膜を形成する上で大事な成分なので、積極的に摂取するのがいいと思います ^^) _旦~~

カテキン

特定のカテキンを飲むと網膜色素変性症の効果を遅らせる効果があったという研究結果を拝見したことがありました。
どの程度の量なのか、人間に効果があるのか、どの種類のカテキンなど詳しい情報は素人目にはわかりませんでしたが普段飲むお茶などにカテキンは含まれているのでコーヒーなどを飲むのならお茶を飲むのがいいかもしれません ^^) _旦~~

 

ファイルやコードの利用、WEBサイトの利用について

サンプルコードなどは当サイトの免責事項をよくお読みになってからお使いください。

Twitterフォロー

 

Twitterもやってます(^^♪ Excelについてはあまり触れませんがブログの更新のお知らせはツイートしています(^^♪

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です