ExcelとOutlook連携パート5 【Excelの表からタスクへ自動入力】



The following two tabs change content below.

taka

あることがキッカケでVBAを独学で勉強しました、今ではブログを通してVBAでできることを解説しつつ、VBAや他の言語の勉強、ブログ運営の勉強をしています(^^♪

どうも、takaです(^^♪

今回は「ExcelとOutlookの連携」のパート5です!

前回ご紹介してきたのは「予定表」のお話でしたが、今回は「タスク」のお話です!

タスク管理というのは仕事の作業の進捗表というようなもののようです(*_*;

私のような中小企業の一般事務の平社員では使わないもの?かもしれません・・・単に私が必要ないだけ?

というわけで、前回に引き続きExcelの表からタスクに登録するプログラムをご紹介していきます!

前回の記事:ExcelとOutlook連携パート4 【Excelの表から予定表へ自動入力】

予定表の元となるExcelの表を準備

前回同様表を簡単に用意してしまいましょう!

今回用意した項目は

  1. タスク名
  2. タスク内容
  3. 開始日
  4. 終了日
  5. 進捗

の5つです。

【Excelの表からタスクへ自動入力】サンプルコード

ではサンプルコードをご紹介します。

コードの説明はコメント欄にて書いてあります!ちなみに動作後はこんな感じです(*_*;

私人使用していないのでこれでいいのか疑問なのですが、もしよろしければ参考までに・・・

参考サイト:MSDN:TaskItem プロパティ (Microsoft)

 

ファイルやコードの利用、WEBサイトの利用について

サンプルコードなどは当サイトの免責事項をよくお読みになってからお使いください。

Sponsored Link

 

特別企画!IT企業の実情をIT企業の社長に聞いてみた!

独学者が多いVBAプログラマー「せっかくプログラム言語を覚えたし、IT企業に転職しようかな?でも、IT企業って良いイメージ聞かないし実際はどうなんだ?」という疑問にIT企業の社長に直に聞いてみました!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です