VBA ExcelVBAとOutlookの連携 パート1



The following two tabs change content below.
アバター

taka

あることがキッカケでVBAを独学で勉強しました、今ではブログを通してVBAでできることを解説しつつ、VBAや他の言語の勉強、ブログ運営の勉強をしています(^^♪

どうもtakaです(^^♪

さて、ExcelとOutlookが連携するという結構コアな検索でこのE-VBAにいらっしゃる方が結構お見掛けします(笑)

ExcelとOutlookを連携させると何ができるのか?一番大きい恩恵はメールを操れることです。Excelでメールを送れる方法はほかにもありますが。

outlookで受け取っているメールやoutlookで送信したメールを管理や逆にExcelで作成してあった名簿からメールを送信するなどExcelとOutlookの愛称は意外にいいといえると思います( ^^) _旦~~

ExcelVBAとOutlookを連携させてできる事(例)

ExcelとOutlookを連携させると以下のようなことが可能になります。

  • Excelのデータをもとにメールを大人数に送信する。
  • 受信されたメールを差出人や件名によってフォルダ分けする。
  • メールの内容をExcelに転記する

など様々なことがExcelから可能になります。Excelデータをもとに送信などは便利で個人でも使用しています(^^♪

Excelデータを元に一気にメールを送る

今回は簡単なサンプルコードを記載させていただきます。定型文を一気に送るというものです。Excelにメールアドレスが乗っている個人名簿があると仮定します。
※本文、件名を別のセルに用意しておいてください。

名簿のメールドレスをもとに

  1. メールを作成
  2. 本文セル
  3. 件名セルの内容をメールアイテムに挿入
  4. 送信

を順に処理していきます。

※注意一応私の環境では成功しました

ダウンロード

当サイトの免責事項をお読みになってからお使いください。

フォロー・チャンネル登録お願いします

■Twitterフォロー

■YouTubeチャンネル登録

ファイルやコードの利用、WEBサイトの利用について

サンプルコードなどは当サイトの免責事項をよくお読みになってからお使いください。

Sponsored Link

 

WordPressでブログを始めるなら

WordPress簡単インストール&安心の安定性

レンタルサーバー Xserver

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です