Excel入門 関数とは?



どうも、takaです(^^)

Excelを語るうえで「関数」は外すことはできません!!

関数をしっていると知っていないとでは業務効率が数倍変わってきます(゜_゜)

それほど関数は重要な物なのです(^.^)

今回はそんな超重要な関数について解説していきます(^^♪

関数とは?

そもそも関数とは何か?『関数』と聞いてまず思い浮かべるのが、学生時代に数学で学んだ「関数」ではないでしょうか?

あんな物をまた覚えなきゃいけないのか?と思われるかもしれませんが、ご安心ください(^^♪

Excelの関数と数学の関数は別物です(^^)/

Excelの関数

さて、Excel関数は「ワークシート関数)」と呼ばれ、その名の通り上でワークシート上で使われるものです(^^♪

ワークシート関数は、目的の計算を難しい計算式を使わずに出来るように、Excelに用意されている数式のことです(^^)/

この関数を使うことにより平均の計算や条件判定ありの計算、または文字の操作までが関数で行えるようになります(^^♪

では実際に関数を使用した例をご紹介します!

ワークシート関数の使用例

まずは下の画像をご覧ください↓

この画像は売上表(仮)の半月の合計金額と平均を「関数」と「計算式」でそれぞれ求めたものです。

画像には使われた計算式を解り易くするために表示されていますが一目両全ですよね?

合計の計算式では「=B3+B4+B5+B6+B7+B8+B9+B10+B11+B12+B13+B14+B15+B16+B17」という非常に面倒な作業をしていますが、関数であれば「=SUM(B3:B17)」だけで同じ結果が求められるのです!(^^)!

平均を求める場合も同じです、計算式で平均を求めるには「=(B3+B4+B5+B6+B7+B8+B9+B10+B11+B12+B13+B15+B14+B16+B17)/15」という計算式が必要ですが、関数なら「=AVERAGE(B3:B17)」という平均を求める「AVERAGE関数」を使用することで簡単に取得することが可能なのです(^_-)-☆

通常関数の式は、セル参照で指定をしますが、セルの番地や数値を直接数式バーへ入力する事も可能です。今覚えなくても構いませんので頭の片隅に置いておいてください!!

ファイルやコードの利用について

サンプルコードなどは当サイトの免責事項をよくお読みになってからお使いください。

Twitterフォロー

 

ブログの更新通知を受け取るにはこちらにはこちら↓Twitterもやってます(^^♪Excelについてはあまり触れませんがブログの更新のお知らせはツイートしています(^^♪

Twitterフォロー

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

あることがキッカケでVBAを独学で勉強している、非IT企業の会社員。 今はVBAで出来ることを模索しながら別の開発言語の取得、基本情報技術者試験合格が目標