Excel入門 Excelで計算



どうも、takaです(^^♪

いままではExcelの構成などを説明してきましたが、今回は実際に計算について説明していきたいと思います(^^)/

Excelで計算をする方法

Excelで計算をする場合は、【答えを表示させたいセルに計算式を入力する】必要があります。

ですが、セルに「1+2」などの計算を入力しても「1+2」と表示されるだけで、「3」とは表示されません(;^ω^)

上記の計算をするには、セルに「=」(イコール)を先に記述しなければいけないのです(-ω-)/

なので今回は「=1+2」とします(^^)

Excelでの計算方法は大きく分けて二つ

Excelで計算する場合、大きく分けて二つの方法があります。一つは上記で説明した「数式を直接入力する方法」と、「他のセルを参照して計算する」方法です(^^♪

数式を直接入力

数式の直接入力は、下図のようにセルの値を式に直接入力する方法になります(^-^)

数式バーに「=」を入力して、あとは計算する数値と計算の演算子を入力することで計算式が完成し、Enterキーなどで確定すればセルに答えが表示されます(^^)/

他のセルを参照しての計算

他のセル参照しての計算は下記画像のように数式バーにセルの番地を入力して計算する方法です(^-^)

指定方法は、キーボードからセルの番地を入力する方法と、セルをマウスで選択しながら指定する方法があります!

セル参照は、指定先のセルのデータが変更されると、自動計算されることです( ..)φメモメモ
数値を直接入力した式では、計算式をその都度入力しなおさないといけませんが、参照する方法だと参照先のセルの値が変更されると自動で計算されるのでとても便利です(^^♪

Excelで四則演算

さて、いよいよExcelで計算の基礎中の基礎である四則演算を試してみたいと思いますが、Excelで計算する場合と普段の計算では演算子が異なります(;^ω^)

違いがあるのは掛け算と割り算のみですが、念のため↓

普段の計算Excel上
足し算++
引き算
掛け算×*
割り算÷/

下記の画像では、D列にBとCの値を計算する式を入力してあります(^^♪

ファイルやコードの利用について

サンプルコードなどは当サイトの免責事項をよくお読みになってからお使いください。

Twitterフォロー

 

ブログの更新通知を受け取るにはこちらにはこちら↓Twitterもやってます(^^♪Excelについてはあまり触れませんがブログの更新のお知らせはツイートしています(^^♪

Twitterフォロー

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

あることがキッカケでVBAを独学で勉強している、非IT企業の会社員。 今はVBAで出来ることを模索しながら別の開発言語の取得、基本情報技術者試験合格が目標