Excel関数 COUNTBLANK関数【空白の数を返す】



どうも、takaです(^^♪

さて、カウント系の関数シリーズも3目にになります(^^♪

さて、Excelを使用している中で、「この範囲にはいくつ空白のセルががあるのか数えたい」と思ったことはあると思います(^^♪

そんなときに便利なのがこの【COUNTBLANK関数】です(^^)/

今回はそんなCOUNTBLANK関数をご紹介します(^^♪

COUNTBLANK関数とは?

上記で説明した通りCOUNTBLANK関数は空白のセルの個数を返す関数です、COUNTBLANK関数には似たような性質の関数に、数値あるセルの数を返すCOUNT関数やデータのあるセルの個数を返すCOUNTA関数などがあります(^^)/

COUNTBLANK関数の書式

COUNTBLANK関数の書式は以下の通りです。

 引数説明
範囲COUNTBLANK関数で空白のセルをカウントするセルの範囲です。

COUNTBLANKの使い方

COUNTBLANK関数は「空白のセルの数」を返す関数です。下記の画像のような使用が一般的です(^^)/

ファイルやコードの利用について

サンプルコードなどは当サイトの免責事項をよくお読みになってからお使いください。

Twitterフォロー

 

ブログの更新通知を受け取るにはこちらにはこちら↓Twitterもやってます(^^♪Excelについてはあまり触れませんがブログの更新のお知らせはツイートしています(^^♪

Twitterフォロー

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

あることがキッカケでVBAを独学で勉強している、非IT企業の会社員。 今はVBAで出来ることを模索しながら別の開発言語の取得、基本情報技術者試験合格が目標