Excel関数 COUNTA関数【データがある数を返す】



The following two tabs change content below.

taka

あることがキッカケでVBAを独学で勉強しました、今ではブログを通してVBAでできることを解説しつつ、VBAや他の言語の勉強、ブログ運営の勉強をしています(^^♪

どうも、takaです(^^)/

Excelを使用している中で、この範囲にはいくつデータがあるのか数えたいと思ったことはあると思います(^^♪

そんなときに便利なのがこの【COUNTA関数】です(^^)/

今回はそんなCOUNTA関数をご紹介します(^^♪

COUNTA関数とは?

上記で説明した通りCOUNTA関数はデータのあるセルの個数を返す関数です、COUNTA関数には似たような性質の関数に、数値あるセルの数を返すCOUNT関数や空白のセルの数を返すCOUNTBLANK関数などがあります(^^)/

COUNTA関数の書式

COUNTA関数の書式は以下の通りです。

 引数説明
範囲COUNTA関数でセルをカウントするセルの範囲です。

COUNTA関数の使い方

COUNTA関数は「文字列・数値・数式」など、データが入力されていればカウントします!!

応用
「COUNTA関数」の数から「COUNT関数」の引算をすることで文字列のデータの個数を取得することが出来ます。
「COUNTA関数」-「COUNT関数」=「文字列の数」

ファイルやコードの利用、WEBサイトの利用について

サンプルコードなどは当サイトの免責事項をよくお読みになってからお使いください。

Twitterフォロー

 

Twitterもやってます(^^♪ Excelについてはあまり触れませんがブログの更新のお知らせはツイートしています(^^♪

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です