Excel関数 TODAY関数【本日の日付を表示】



どうも、takaです(^^♪

ExcelVBAの関数ではなく、「Excel関数」についてです!

「Excel関数」は前に「Excel入門 関数とは?」という記事を一度記載させていただい他だけなので、

そんな記念すべき第一回目の関数は・・・「TODAY関数」についてご紹介します!

SUM関数と悩んだのですが、SUMは少し特殊な関数だと思いますのでいつかゆっくりとご紹介していけたらと思っております(^^♪

では早速「本日の日付を表示」する「TODAY関数」についてご紹介していきましょう!

TODAY関数とは?

TODAY関数は個人的に一番簡単な関数という認識なんです(笑)というのも値を何も記入しないでも使えるから(^^♪

TODAY関数は、関数を記述したセルに対して本日の日付を表示する関数です。

TODAY関数の書式

TODAY関数の書式は以下の通りです。

数式バーにこの一文を記述するだけで本日の日付を返します。

TODAY関数の使い方

では、TODAY関数の基本的な使い方をご紹介します(^^♪

TODAY関数はそのまま使用すると本日(OS上の設定時間)の日付を返しますが、任意の日数分日付を足して返すことも可能です。

この式を使うと本日(画像では3/8)から+5日を足した日付が返されています。

逆にマイナスすることも可能です。

最後に

今回はご紹介しておりませんが、TODAY関数を使用することによって「現時点での年齢計算する」などの応用も可能になりますのですごく重要な関数です(^^)/

後々「現時点での年齢計算する方法」もご紹介していきますのでお楽しみに(^^)/

ファイルやコードの利用について

サンプルコードなどは当サイトの免責事項をよくお読みになってからお使いください。

Twitterフォロー

 

ブログの更新通知を受け取るにはこちらにはこちら↓Twitterもやってます(^^♪Excelについてはあまり触れませんがブログの更新のお知らせはツイートしています(^^♪

Twitterフォロー

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

あることがキッカケでVBAを独学で勉強している、非IT企業の会社員。 今はVBAで出来ることを模索しながら別の開発言語の取得、基本情報技術者試験合格が目標