Excel入門 オートコンプリート



The following two tabs change content below.
アバター

taka

あることがキッカケでVBAを独学で勉強しました、今ではブログを通してVBAでできることを解説しつつ、VBAや他の言語の勉強、ブログ運営の勉強をしています(^^♪

どうも、taka(@takabou63)です(^^♪

WEB検索などをするときに、入力した文字列の最初の文字を入力するだけで前に検索したり入力した文字列が自動的に候補として表示されることってありますよね?

実はこの機能がExcelにも備え付けれらているんです(ー_ー)!!

今回はそんなExcelの便利機能「オートコンプリート」についてご紹介します!

Excelのオートコンプリートの使い方

 

画像で説明してある通り、「す」と入力した時点で「同じ列内」の「鈴木」が表示されます。。この状態でEnterを押すと「鈴木」が確定されます。

この「同じ列内」というのが重要でExcelのオートコンプリートは同じ列内でしか機能しません。

そしてこの機能は「行方向では機能しません」ので留意しておいてください(ー_ー)!!

オートコンプリートは「文字」に対して有効です「数値」や「日付」などは対象外となります

ドロップダウンリストから選択

オートコンプリートと同じように「同じ列内」の文字を入力する場合にはもう一つ機能があります、それが「ドロップダウンリストから選択」です、入力したいセル上にて右クリックするとメニューから、「ドロップダウンリストから選択」を選択すると、画像のように同じ列内の文字が表示されます、このリストから目的の文字を選択することでデータを入力することが出来ます!

この機能もオートコンプリートと同じように「数値」や「日付」は対象外となっています。

オートコンプリートを無効にする

あまり無いかもしれせんが、オートコンプリート機能を外したいと思った場合は

「ファイル」タブ→「オプション」→「詳細設定」→「編集設定」の「オートコンプリートを使用する」からチェックを外してください!

フォロー・チャンネル登録お願いします

■Twitterフォロー

■YouTubeチャンネル登録

ファイルやコードの利用、WEBサイトの利用について

サンプルコードなどは当サイトの免責事項をよくお読みになってからお使いください。

Sponsored Link

 

WordPressでブログを始めるなら

WordPress簡単インストール&安心の安定性

レンタルサーバー Xserver

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です