意外と知らない【エラー対処2】エラー対処OnError Go To

ロゴ



The following two tabs change content below.
アバター

taka

あることがキッカケでVBAを独学で勉強しました、今ではブログを通してVBAでできることを解説しつつ、VBAや他の言語の勉強、ブログ運営の勉強をしています(^^♪

意外と知らない【エラー対処2】エラー対処OnError Go To

意外と知らないエラー対処第二回目です、前回はそもそもエラーとは何か?という内容でした、

前回の記事はこちら

意外と知らない【エラー対処1】エラーについて私がVBAを覚え始めのころは【エラー】に対してかなり頭を悩まされました、というのもVBAの初心者用の参考書などではプログ...

実際errorが起きたときはプログラムが中断してしまい下記の画像のようになってしまい、システム開発者以外には手に負えない状況になってしまいます。それでは開発者以外の方がシステムを使うことができません。

なので今回は具体的にエラーが起きた場合困らないようにするにはどのような対応をとるのかを紹介していきます。

エラー対処OnError Go To

エラーが発生したときにあらかじめ用意していた命令にジャンプさせることができるのがOnError ステートメントです。簡単な説明は画像を作成しました

 

ラベル名というのは、エラーが発生したときにジャンプする先の名前を先に宣言する必要があります。

上記のコードはエラーが発生したら【ラベル名:Error1】のところにジャンプします

ラベル名は【ラベル名:(コロン)】で指定します。

エラー情報を取得する

エラーが発生した場合、様々な理由があります、変数の型が間違っていた場合や存在しないオブジェクトを指定した場合など、このような場合どのようなエラーが起きたかを取得しなければいけません。エラー情報を取得する場合に使うのがErrオブジェクトです。Errオブジェクトを確認することでエラーの内容を取得することができます。

取得できる内容プロパティ名
エラー番号Number
エラー内容Description
ヘルプファイル名HelpContext
プロジェクト名Source

一覧で見てもわかりにくいので実際に実行していきましょう。

このコードでは数値しか入れることができない変数型である【Long】に文字列を代入しようとして型違いの実行時エラーが発生するコードになります。

実行結果

実行した結果このように表示されました。今回はメッセージボックスに表示させましたが、エラー情報というシートを作成してセルにエラー情報を蓄積させたりするのもプログラムの修正に役に立つと思います。

まとめ

今回は代表的なエラー対処法であるOnErrorの簡単な使い方をご紹介させてもらいました。

エラーというものは開発を進めていくなかでどうしてもぶつかる物です、システムを利用する人は開発者の思いもよらない操作をすることが多々ありますので、このような対策が必要になります。

フォロー・チャンネル登録お願いします

■Twitterフォロー

■YouTubeチャンネル登録

ファイルやコードの利用、WEBサイトの利用について

サンプルコードなどは当サイトの免責事項をよくお読みになってからお使いください。

Sponsored Link

 

WordPressでブログを始めるなら

WordPress簡単インストール&安心の安定性

レンタルサーバー Xserver

ロゴ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です