Excel関数 【ENCODEURL関数】文字列をURLエンコードする



The following two tabs change content below.

taka

あることがキッカケでVBAを独学で勉強しました、今ではブログを通してVBAでできることを解説しつつ、VBAや他の言語の勉強、ブログ運営の勉強をしています(^^♪

どうも、takaです(^^♪

さて、VBAでWebAPIなどを使いたいと思った場合、URLエンコードを使用したいと思ったことがある方が少なからずいらっしゃるのではないかと思います。

でも、VBAでは残念ながらURLエンコードを簡単にする方法は存在しませんでした、

ですが、【Excel2013】からExcel関数で面倒なURLエンコードをしてくれる【ENCODEURL関数】が存在しているのをご存知ですか?

今回はそんな【ENCODEURL関数】についてご紹介します!

ENCODEURL関数とは?

ENCODEURL関数は指定した【文字列】ををURLエンコードし、その結果を返す関数です。

英数字や一部の記号以外がUTF-8で表示さてますまた。また各バイトの文字コードの前に「%」が付けられます。

ENCODEURL関数関数の書式

ENCODEURL関数の書式は以下の通りです!

引数説明
文字列URLエンコードをしたい文字列を指定します。

URLエンコードって実際どんなものか?となると思いますので実際に【こんにちは】をエンコードしてみましょう。

【%E3%81%93%E3%82%93%E3%81%AB%E3%81%A1%E3%81%AF】となりましたね、やけに「%」が多いと思われると思いますが、UTF8がバイトの並びを【%XX】で表していているからです(XXは16進数で表される)

ちなみに「%E3%81%93」は【こ】になります(笑)

ENCODEURL関数の使用例

さて、ENCODEURL関数の使用例ですが、具体的に言うとwebAPIなどに文字列を受け渡したい時などに使うことが多いのではないかと思います。

実際にAPIに住所をエンコードして使用してみたところ、しっかりと認識してくれました(笑)

今度ご紹介できたらと思っております。

ファイルやコードの利用、WEBサイトの利用について

サンプルコードなどは当サイトの免責事項をよくお読みになってからお使いください。

Sponsored Link

 

特別企画!IT企業の実情をIT企業の社長に聞いてみた!

独学者が多いVBAプログラマー「せっかくプログラム言語を覚えたし、IT企業に転職しようかな?でも、IT企業って良いイメージ聞かないし実際はどうなんだ?」という疑問にIT企業の社長に直に聞いてみました!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です