VBA 【Dateserial関数】

ロゴ



The following two tabs change content below.
アバター

taka

あることがキッカケでVBAを独学で勉強しました、今ではブログを通してVBAでできることを解説しつつ、VBAや他の言語の勉強、ブログ運営の勉強をしています(^^♪

どうも、taka(@takabou63)です(^^♪

さて、皆さんはVBAを使用して先月末などを取得したいと思ったことはありませんか?

実際にやってみると意外と大変なんですよね(笑)そんな時に役立つのが「Dateserial関数」です今回はそんなDateserial関数についてご紹介していきます!

先月末などを取得する方法はこちら【VBA【先月末/今月末/来月末を取得する方法】」

VBAのDateSerial関数とは?

DateSerial 関数は引数に指定された年、月、日に対応する三つの数値をもとに日付を返します。

DateSerial書式

DateSerial関数の書式は以下の通りです。

 引数

引数yearは、年を表す0~9999の範囲の数値または数式を指定します。
引数monthは、月を表す1~12の範囲の数値または数式を指定します。
引数dayは、日を表す1~31の範囲の数値または数式を指定します。

DateSerial関数の解説

DateSerial関数は指定したデータをもとに日付の値を返します。セルに記入された値から取得することも可能です。

上記の引数の説明では引数month(月)は12まで範囲としていますが、13以降の数値も使用できます。下記のように引数monthの部分を13にして実行してみましょう。

month(月)を13にした場合は「13月」を翌年1月と変換され返されます。

また下記のコードのようにYear関数とNow関数などを組み合わせて使うと現在の年月日を返すことができます。

Now関数についてはこちら

現在の時刻を返す【Now関数】Now関数は現在の時刻を返す関数です。日付を操作する別の関数と一緒に使う事もあるので覚えておくと便利だと思います。Now関数の書式書式と...

Year関数・Month関数・Day関数についてはこちら

日付の年を返す【Year関数】Year関数は引数で指定した日付の【年】を返します。 Year関数の書式Year関数の書式は以下の通りですYear("日付")サンプル引...
日付の月を返す【Month関数】Month関数は引数で指定した日付の【月】を返します。Month関数の書式Month関数の書式は以下の通りですMonth("日付")サンプルSub ...
日付の月を返す【Day関数】Day関数は引数で指定した日付の【日】を返します。Day関数の書式Day関数の書式は以下の通りですDay("日付")サンプルSub Sample() ...

フォロー・チャンネル登録お願いします

■Twitterフォロー

■YouTubeチャンネル登録

ファイルやコードの利用、WEBサイトの利用について

サンプルコードなどは当サイトの免責事項をよくお読みになってからお使いください。

Sponsored Link

 

WordPressでブログを始めるなら

WordPress簡単インストール&安心の安定性

レンタルサーバー Xserver

ロゴ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です