VBA 定数とは?変数とは違います!



The following two tabs change content below.
アバター

taka

あることがキッカケでVBAを独学で勉強しました、今ではブログを通してVBAでできることを解説しつつ、VBAや他の言語の勉強、ブログ運営の勉強をしています(^^♪

どうも、taka(@takabou63)です(^^♪

さて、皆さんは【定数】という言葉を聞いたことがありますか?

VBAでよく解説・使用されるのは変数ですが【定数】を使ったことがない方は多いかもしれません。

今回はVBAで【定数】とはないか?から使用方法までご紹介していきます(^^)/

そもそも定数とはなにか?

さて、定数に似た名前として皆さんご存知なものが【変数】です。変数と定数の大きな違いそれは【値を変更できるかどうか】です。

名前を見てもらえばお分かりかかと思います(笑)

  • 変数・・・【更ができる値】
    主に途中で値を入れる【入れ物】として使用することが多い。
  • 定数・・・【められている値】
    税率など特定の決まった数値を入れておくための入れ物として使用することが多い。
    ただ変数を定数代わりに使うことも可能なため使用頻度・認知度が低い

です。

VBAで定数を利用する方法

VBAで定数を利用するには変数と同じく宣言をする必要があります。

VBAで定数を宣言するにはConstを使用する。

さて、VBAで定数を宣言するには【Constステートメント】を使用します。

また定数の宣言には

  • Const 定数名 = 値
  • Const 定数名 As 型 = 値

の2つの宣言方法があり、変数と同じようにデータの型が存在します。この型の宣言を省略すると値から最適と判断された型が割り当てられます。

定数のデータ型

データ型データ型名説明
Byteバイト型0~255
Integer整数型-32,768~32767
Long長整数型-2,147,483,648~2,147,483,647
Single単精度・浮動小数点型(負の値) -3.402823E38 ~ -1.401298E-45
(正の値)1.401298E-45 ~ 3.402823E38
Double倍精度・浮動小数点型(負の値) -1.79769313486232E308 ~
-4.94065645841247E-324
(正の値)4.94065645841247E-324 ~ 1.79769313486232E308
Currency通貨型 -922,337,203,685,477.5808 ~
922,337,203,685,477.5807
String文字列型 最大約20億文字ほど
Date日付型 西暦100 年1月1日~西暦9999年12月31日
Booleanブール型True またはFalse。初期値はFalse
Variantバリアント型すべての基本データ型を格納できる

変数で使用できる型で【Object】というデータ型がありますが、定数では使用ができません。

定数を使用例と使用するメリット

定数のメリット、それはプログラム内で特に変更しない数値(税率など)を名前を付けて管理ができるという利点です。

例えばですが、下記のようなコードがあったとします。

法改正で消費税が10%に変更になった場合、上記のコードだと【0.08】という税率をすべて手作業で手直さなければいけません。

ですが、定数を使用すると

定数で宣言している【定数、tax】の値だけを変更するだけで済むんです。

このように、仕様変更時に無駄な作業を極力減らし、また可読性も上がるのでぜひ導入していきましょう!

上記の内容は変数でも使用可能です。ですが、変数を使用して間違った値を代入してしまうなど、値が変わってしまう可能性もあるので使いどころを考えて使用しましょう。

フォロー・チャンネル登録お願いします

■Twitterフォロー

■YouTubeチャンネル登録

ファイルやコードの利用、WEBサイトの利用について

サンプルコードなどは当サイトの免責事項をよくお読みになってからお使いください。

Sponsored Link

 

WordPressでブログを始めるなら

WordPress簡単インストール&安心の安定性

レンタルサーバー Xserver

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です