VBA 【ComboBox(コンボボックス)】コントロール



The following two tabs change content below.

taka

あることがキッカケでVBAを独学で勉強しました、今ではブログを通してVBAでできることを解説しつつ、VBAや他の言語の勉強、ブログ運営の勉強をしています(^^♪

どうも、takaです(^^♪

さて、今回はTextBoxの親戚ともいえるcomboBox(コンボボックス)の使い方について解説してきます(^^)/

VBAのComboBox(コンボボックス)コントロールとは?

comboBoxはTextBoxと同じように文字列を入力できるコントロールですが、TextBoxとの違いは右のボタンをクリックすることでリストを表示できるというところです。

ユーザーが任意で入力できるのと、リストから選択して入力の二つの入力ができる便利なコントロールです。

ComboBoxコントロールを設置する

TextBoxの隣のアイコンがComboBoxのアイコンになります。

ComboBoxコントロールのプロパティ

ComboBoxには様々なプロパティが用意されており細かく設定が可能になっています。よく使うであろうものをご紹介していきます。

 

よく使うプロパティ

Style

Styleプロパティはテキスト入力を可能にするか?それともリストからの選択入力だけ許可するかを設定するプロパティです。定型文だけの入力をさせたい場合はこのstyleプロパティを変更することで可能になります。

定数説明
fmStyleDropDownCombo0テキスト入力、リストからの選択が可能(既定値)
fmStyleDropDownList2テキスト入力は不可。リストの中からの選択のみ可能

 

MatchEntry

MatchEntryを使用するとコンボボックスにオートコンプリート機能を設定することができます。

定数説明
fmMatchEntryFirstLetter0入力した文字と1文字目が一致する候補を検索します。
fmMatchEntryComplete1入力した文字と全てが一致する項目を検索します (既定値)。
fmMatchEntryNone2検索しません

ListRows

ListRowsを設定することによってリストに表示できる件数を設定することができます。

以下の画像ではリスト5までのコードが書かれていますがListRowsを【3】に設定してありますのでリスト3までしか表示されません。

ComboBox(コンボボックス)の使用例

以下のコードはユーザーフォームを起動したときにコンボボックスのリストにリスト1~5までをcomboBoxに表示するコードです。

ファイルやコードの利用、WEBサイトの利用について

サンプルコードなどは当サイトの免責事項をよくお読みになってからお使いください。

Sponsored Link

 

特別企画!IT企業の実情をIT企業の社長に聞いてみた!

独学者が多いVBAプログラマー「せっかくプログラム言語を覚えたし、IT企業に転職しようかな?でも、IT企業って良いイメージ聞かないし実際はどうなんだ?」という疑問にIT企業の社長に直に聞いてみました!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です