VBA セルのコメント操作(コメントの追加・削除する方法)



The following two tabs change content below.

taka

あることがキッカケでVBAを独学で勉強しました、今ではブログを通してVBAでできることを解説しつつ、VBAや他の言語の勉強、ブログ運営の勉強をしています(^^♪

どうも、takaです(^^♪

さて、今回は「VBAのセルのコメント操作」ということで、セルのコメントってどのようなものかお分かりですか?

セルのコメントは↓のようなもので、セル一つ一つに設定できる「メモ」のような物と考えていただいていいと思います(^^)

今回はこのコメントをVBAで追加・削除する方法をご紹介していきます!

セルにコメントを追加する「AddCommentメソッド」

セルにコメントを追加するにはRangeオブジェクトの「AddCommentメソッド」を使用します。

設定内容
Rangeオブジェクトセルの範囲などを指定します。
コメントの内容コメントに表示する文字列を指定できます。(省略可)

追加するときには「Rangeオブジェクト」を指定してコメントを追加する範囲を指定します。

上記のコードは「現在選択されているセル」コメントを追加するコードです。

コメントの追加はセル一つづつしか追加が出来ません(;^ω^)

なので複数追加する場合は繰り返し処理で一つづつ追加する必要があります(;´∀`)

このようにすれば任意の範囲でコメントを追加することが出来ます(^^♪

コメントがすでにある場合はエラーが発生

コメントを追加使用としていたセルにすでにコメントが存在する場合はエラーが発生します、なのでコメントを新しくする場合は既存のコメントを削除する処理が必要です(;^ω^)

セルにコメントを削除するには「ClearCommentsメソッド」

コメントを削除するには、「AddCommentメソッド」と同じくRangeオブジェクトの「ClearCommentsメソッド」を使用します、書式は以下の通りでコメントをクリアしたい範囲をRangeオブジェクトで指定します。

ClearCommentsメソッドはコメントがない場合でもエラーにはなりません。

ファイルやコードの利用、WEBサイトの利用について

サンプルコードなどは当サイトの免責事項をよくお読みになってからお使いください。

Twitterフォロー

 

Twitterもやってます(^^♪Excelについてはあまり触れませんがブログの更新のお知らせはツイートしています(^^♪

Twitterフォロー

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です