VBAでExcelの注意や警告文を非表示にする方法



The following two tabs change content below.
アバター

taka

あることがキッカケでVBAを独学で勉強しました、今ではブログを通してVBAでできることを解説しつつ、VBAや他の言語の勉強、ブログ運営の勉強をしています(^^♪

どうも、taka(@takabou63)です(^^♪

今回は【Excelの注意や警告文を非表示にする方法】をご紹介します!

VBAからExcelを終了しようとするとExcelでデータの変更があった場合は警告文が表示されます(;^ω^)

本当は便利なんですが、VBAでExcelを閉じたい時などは邪魔な時があります(笑)

という訳で今回はこのようなExcelからの警告文を非表示にする方法をご紹介します(^^)/

警告文を非表示にする【DisplayAlerts プロパティ】

さて、VBAでExcelの警告文を非表示にするには【Applicationオブジェクト】の【DisplayAlerts プロパティ】を使用します。

非表示にする場合は【False】,表示させる場合は【True 】を指定します。
※この設定はプロシージャーが実行中でしか効果がありませんので【True】を指定しないでも基本困らないと思います。(Excelのバージョンによっては違う可能性があります。)

フォロー・チャンネル登録お願いします

■Twitterフォロー

■YouTubeチャンネル登録

ファイルやコードの利用、WEBサイトの利用について

サンプルコードなどは当サイトの免責事項をよくお読みになってからお使いください。

Sponsored Link

 

WordPressでブログを始めるなら

WordPress簡単インストール&安心の安定性

レンタルサーバー Xserver

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です