VBA【ブレークポイント】任意の位置でプログラムを中断させる



The following two tabs change content below.
アバター

taka

あることがキッカケでVBAを独学で勉強しました、今ではブログを通してVBAでできることを解説しつつ、VBAや他の言語の勉強、ブログ運営の勉強をしています(^^♪

どうも、taka(@takabou63)です(^^♪

さて、皆さんは【ブレークポイント】という機能をご存知ですか?

聞いたことがあるけど使用したことはない、という方もいらっしゃるかもしれませんね(;^ω^)

この前【VBA【Stopステートメント】処理を中断する】という記事を書きましたが、今回も似たような内容になります(*_*;

簡単に言うと【任意の位置でプログラムを中断させる】機能です。今回はそんな「ブレークポイント」についてご紹介します(^^♪

VBAで処理を中断させる方法は主に3つ

VBAで処理を中断する方法は主に

  1. Escキーで中断させる
    参考【VBA 【Escキー】で処理を中断する、無限ループからの脱出!
  2. stopステートメントを使用する
    参考【VBA【Stopステートメント】処理を中断する
  3. ブレークポイント(今回)

の3つです。任意のタイミングで処理を中断させるのはこの3つです。今回は箇条書きの3つ目の【ブレークポイント】についてご紹介します(^^)/

ブレークポイントとは?

ブレークポイントとは、プロシージャを任意の場所で中断できる機能です。

ブレークポイントが設定された行は画像のように茶色で表示されます。

ブレークポイントの設定/解除は、設定したい行の【】のあたりをクリックすることで変えることができます。

このように複数の位置をブレークポイントに設定することも可能です。

ブレークポイントの使い方

ブレークポイントの使用例は基本的にStopステートメントと同じです。中断時の変数などの内容を確認することができます。

今回のブレークポイントは画像のように設定しました。

画像には2と出ていますが、最初にブレークポイントで中断した場合は値が表示されません。

中断させた後は「F8」などを押して実行してみてください。

今回のプログラムの場合、For~Nextでもう一度ブレークポイントに戻ってきて変数「i」が加算されイミディエイトウィンドウに1が表示されるはずです。それを繰り返すことで、処理の動きがわかるようになります。

フォロー・チャンネル登録お願いします

■Twitterフォロー

■YouTubeチャンネル登録

ファイルやコードの利用、WEBサイトの利用について

サンプルコードなどは当サイトの免責事項をよくお読みになってからお使いください。

Sponsored Link

 

WordPressでブログを始めるなら

WordPress簡単インストール&安心の安定性

レンタルサーバー Xserver

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です