【雑記】フォントについて



The following two tabs change content below.

taka

あることがキッカケでVBAを独学で勉強しました、今ではブログを通してVBAでできることを解説しつつ、VBAや他の言語の勉強、ブログ運営の勉強をしています(^^♪

どうも、takaです(^^♪

今回は、ある記事を作成している中でフォントについて説明する予定だったのですがあまりにも長くなりそうだったので雑記としてお話させてもらいます(^^♪

フォント(書体)って?

さて、皆さんが日々生活する中で「フォント」というワードに聞き覚えはありませんか?(^^♪

フォントは簡単に言えば「書体」をさします、書体って何ぞや?という方に簡単にご説明しますと下にあるAをご覧ください。

A】【A】

この「A」という字、二つをよく見てもらえると、微妙に形が違うのがお分かりいただけるでしょうか?

二つは間違いなく同じ「A」ですが、見た目は間違いなく違いますよね?この違いが「書体」の違いということになります。

このように、パソコンの中には様々な種類の「書体」が用意されており、その総称を「フォント」と呼びます。

書体とフォントは別の意味でつかわれることも多いですが、今回は説明のため同義としています。

フォントの違いによって相手に与える印象の違い

さて、時の違いくらいでそんなに変わるもの?

と思われるかもしれませんが、侮ることなかれ、フォントの違いで与える印象はかなり違いが出てきてしまいます。

例えばこのような文章があったとします。使用しているのは「HGP教科書体」というフォントです。(文章: 原文(青空文庫))

見た感じすごく真面目そうで、HGP教科書体というだけあって、読みやすそうな文章ですよね(^^♪

これを別のフォントに変更してみるとイメージが一変します!

いかがでしょうか?こんなものを見たら恐らく夏目漱石も真っ青なことでしょう(*_*;

これはちょっとやりすぎた感が否めませんが、文章も色も変えずに書体を変えるだけでここまで印象を変えることができる「フォント」を、書類の作成時に生かしてみてはいかがでしょうか?

ちなみに2枚目の画像で使用しているのは「ニコモジ+」というフリーフォントです。

ファイルやコードの利用について

サンプルコードなどは当サイトの免責事項をよくお読みになってからお使いください。

Twitterフォロー

 

Twitterもやってます(^^♪Excelについてはあまり触れませんがブログの更新のお知らせはツイートしています(^^♪

Twitterフォロー

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です