MicrosoftOfficeの新元号の対応について

news



The following two tabs change content below.
アバター

taka

あることがキッカケでVBAを独学で勉強しました、今ではブログを通してVBAでできることを解説しつつ、VBAや他の言語の勉強、ブログ運営の勉強をしています(^^♪

どうも、taka(@takabou63)です(^^♪

さて、2019年4月1日とうとう新元号『令和(れいわ)』が発表されましたね(^^)

このブログに来るような方が気になるのは「Officeの新元号の対応はどうなるの?」というところですよね(;・∀・)

今回はこの新元号の対応についてお話していきたいと思います(‘ω’)

平成に変わった当時、日本語対応のMicrosoft製品はあまりなかった

元号が昭和から平成に変わったのがおよそ30年前、そのころは日本にはMicrosoft社製の製品というものがほとんど存在していませんでした。(まぁWindows95すらない時代ですからね(笑))

というわけで、Microsoft自身も日本の元号の切り替え作業は初めての作業となるため、結構慎重に進めていくようです。

新元号についてのMicrosoftの対応

2019年4月1日11:30分に新元号が発表されましたが、その前からMicrosoftでは新元号についてweb上にてこう話しています。

マイクロソフトは、新元号への対応について非常に重要であると考えており、2019 年の変更に向け、全社を挙げてソリューションの準備に取り組んでいます。

影響を受けるサポート ライフサイクル ポリシーの一覧に記載されているほとんどの製品において、新元号への対応を予定しています。特定の製品の情報については、以下のサポート情報の記事をご覧ください。 製品のサポート タイムラインについては、サポート ライフサイクル ポリシーのページでご確認いただけます。

新元号の名称は、2019 年 4 月 1 日に発表される予定です。この日以降、弊社のエンジニアリング チームが、運用環境用の更新プログラムの段階的な展開を開始していきます。完全に展開が完了するまでに数か月かかる場合があります。 このアプローチは、このプロセス中に発生する可能性のある技術問題の解決に必要な時間を考慮に入れています。 弊社のサポート チームが、プロセス全体を通してお客様をサポートします。

引用:Microsoftサポート「2019 年 5 月の新元号への変更に関する更新

つまり、対応するし4月1日以降対応に向けての開発をしますが、もしかしたら数か月かかってしまう場合がありますよ~ということですね(^^;)

一応Office製品の対応としては『日付挿入機能や日付計算機能などの新元号対応』についての対応らしいです。

まぁ気長に待つしかないですが、致命的なエラーなんか(ファイルの破損など)が内容に対応してもらえれば個人的には文句ありませんけど(笑)

既に更新プログラムの配布は始まっている

皆さんがお気づきかわかりませんが、Microsoftでは2018年10月より段階的に新元号対応についてのプログラムをWindowsアップデートにて更新しています。

もし、何らかの理由で『Microsoft Update』などの更新をストップしてしまっている場合は、下記のリンクで個別に更新プログラムをダウンロードが可能になりますのでそちらから適用させるようにしてください。

リンク:『日本の新元号に関する Office の更新プログラム

『MicrosoftOffice』新元号に対応するバージョン

残念ながら、新元号に対応するための更新には、すべてのOfficeのバージョンが対応されるというわけではありません。
更新の適応バージョンは以下の通りです。

  • MicrosoftOffice2010
  • MicrosoftOffice2013
  • MicrosoftOffice2016
  • MicrosoftOffice2019
  • MicrosoftOffice365

※MicrosoftOffice For Mac についてはここでは解説しておりません。

Office2010はまだサポート範囲内のため今回の更新に滑り込めたようですね(笑)
※Office2010は2020年10月13日までとなっております。

もし、Office2007などを未だに使用していて新元号をセルの書式設定などで使用したい場合はOfficeを新しく購入することをお勧めします。

まとめ

経済産業省のホームページに経済産業省やMicrosoft、情報処理推進機構(IPA)の新元号のシステム改修の対応についての説明会の資料が配布されていますので興味があれば一度目を通してみると面白いかもしれません(笑)

リンク:『経済産業省 改元に伴う情報システム改修等への対応について全国説明会を実施します

まぁ正直、MicrosoftOfficeの新元号の対応について、個人として何かできることはあまりありません。

Microsoft Updateの更新を頻繁に行っておいたり、実装された状態で不具合があった場合はMicrosoftにフィードバックを送信するくらいです。

まぁ私は面倒なので、帳票などは、デザイン的にどうしてもおかしくなければ『年 月 日』と元号を抜いた表記にしてしまうようにしています(笑)

フォロー・チャンネル登録お願いします

■Twitterフォロー

■YouTubeチャンネル登録

ファイルやコードの利用、WEBサイトの利用について

サンプルコードなどは当サイトの免責事項をよくお読みになってからお使いください。

Sponsored Link

 

WordPressでブログを始めるなら

WordPress簡単インストール&安心の安定性

レンタルサーバー Xserver

news