VBAを覚えるならマクロの記憶はオススメしない



The following two tabs change content below.
アバター

taka

あることがキッカケでVBAを独学で勉強しました、今ではブログを通してVBAでできることを解説しつつ、VBAや他の言語の勉強、ブログ運営の勉強をしています(^^♪

どうもtakaです(^^♪

さて、VBAを覚えたい人からたまに聞くのが「マクロの記録のコードを見て、それを編集したりしています。」のような方がいます。

個人的には「マクロの記録からVBAを覚えようとするのはやめておいたほうがいい」と思っています。

今回はマクロの記録をお勧めしない理由をご紹介します。

VBAを【本気】で覚えるのならマクロの記録はおススメしません

まず初めに弁解しておきますが、マクロの記録を全否定するつもりはありません。

マクロの記録は便利な機能です。マクロの記録を使用する人は「コードに無駄が多い」など無関係ですし、一定の内容を繰り返すくらいなら十分動いてくれますからね(笑)

私が言いたいのは【VBAで自分のオリジナルのツールを作成したい】などを考えている場合です。

この場合はマクロの記録に頼るのはやめておきましょう。

なぜマクロの記録をおススメしないのか?

なぜ、【VBAで自分のオリジナルのツールを作成したい】などの場合はマクロの記録がおススメししないのか?

それは一定規模以上のツールを作成したいのであれば、そのツールがどのような手順で動いているのかをしっかりと把握しておく必要があるからです。

どういう理屈で動いているのかを把握できていないとメンテナンスなどもできないですからね(*_*;

今後VBAでいろいろなツールを作成したいのであればマクロの記録に頼らないで言ったほうがいいです、理由は先ほど少し話ましたが【コードに無駄が多いから】です。

セルA1からA10に【a】を入力するとします。これをマクロの記録をするとこのように記録されます。

長いですよね?もちろん操作を記録するという特性上しかたないのですが、すべてのセルに対して【セルを選択して文字列を入力する】という処理をしています。

マクロの記録は操作された作業を記録するので、直接コードを書くプログラムよりとっても長くなりがち。

では、VBAを多少知っておけばこのように作成できます。

かなりすっきりしましたよね?セルに【a】を入力するという処理はこれだけで十分なんです(‘ω’)

このようにマクロの記録からVBAプログラムを覚えてしまうと無駄なコードを覚えてしまい、開発効率がとっても悪くなってしまうのです。

VBAに興味がないならマクロの記録はオススメ

逆にVBAを覚える気がないならマクロの記録はお勧めです(^^♪

関数ではできないような処理や、ある程度の自動化は可能ですし、簡単に作成することができるのでVBAに興味がなくてもマクロの記録はExcelスキルとして覚えておくといいかと思います(^^♪

フォロー・チャンネル登録お願いします

■Twitterフォロー

■YouTubeチャンネル登録

ファイルやコードの利用、WEBサイトの利用について

サンプルコードなどは当サイトの免責事項をよくお読みになってからお使いください。

Sponsored Link

 

WordPressでブログを始めるなら

WordPress簡単インストール&安心の安定性

レンタルサーバー Xserver

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です